お金を貯めよう

『アーバンレイン』

なんかやってて強烈に「ファイナルファイト」を思い出したのは私だけでしょうか…今の技術で「ファイナルファイト」作り直したらまぁこうなるんだろうなっていう…

路上のケンカのゲーム化、はよく出来てると思います。いかに主人公(あるいは敵ボス)がハイスペックであっても、ザコを1対多数で相手にしていけば不利になりますし。だもんで基本はフットワークよく動いて何とか1対1の状況を作り、着実に相手の数を減らして行く、というよく言えば合理的、悪く言えばみみっちいファイトスタイルになり。でもケンカって多分そういうもんだし。要は勝てばいい訳で。だから壁際に相手を追い詰めて逃げ場がない状況でボコボコに、とか、とりあえず1人だけを残して全員投げで転倒させる、とか卑怯な作戦は非常に有効である上に、ルール上何の制約もありません。あとどんなに拳を鍛えたって武器の方が強い、というのもイカス。

かといって格闘ゲーム部分がおろそかになってるかと言えばそこは「鉄拳」シリーズのナムコ、ちゃんと作られてます。さすがに本家格闘ゲームほどではないものの、状況によって多彩な打撃、投げが簡単操作で決められるようになっていて非常に爽快。複雑なコマンド入力も必要としない形である程度単純化したのは

1対1で真正面から来る格闘ゲームの形式ではない本作には正解かと。お手軽に乱戦を楽しめるようになってます。バランスも多少難易度は厳しく作られてるものの、悪くないのではないかと。ちゃんとシステムでジャンケンが成立してるので、上達のために努力すれば報われるし。

あと路上のケンカ屋にカポエラ使いってそんなに簡単にいるんですかね…ボクシングや空手、テコンドーなどとは訳が違うような…