お金を貯めよう

湊かなえさんの「母性」

湊かなえさんといえばご存じ「イヤミスの女王」。

いやな気分になるミステリー作家という異名を持っていますが、この「母性」もなかなかのものでした。

まず、妊婦さんは途中で読むのを断念される方も少なくはないのではないでしょうか。

「母性」について、軸になっている母親と娘のそれぞれの視点から語られます。

親子にとって、唯一変わらぬ太陽のような存在が母親にとっての実母、娘にとっての祖母で、悲しい事故によって祖母は亡くなってしまいます。

母親もまた誰かの娘で、実の母親からの無償の愛を一身に受けて成長し、大人になり、家庭を持ってからも母親に依存しており、

「母親に褒めてもらえるから頑張れる」という人間で、子育てにおいてもそう。

母親が褒めてくれるから、望まれたから産まれてきた娘を愛し、大事に育てる。

無償の愛を求めるが故に与えることを知らない母親。

個人的に「恐ろしい」の一言です。

一方娘は母親に認められたい。愛されたいという一心で日々顔色を窺い、生活している。

なんと窮屈で、切ないのかと胸が痛みました。

でも、案外こういう親子って全国に結構いるのではないかとも思います。

悲しい事件やニュースが絶えないこの時代、もしかしたら他人ごとではない内容なのかもしれません。

母性とは何だろう。私は持ち合わせているのだろうか。

と、読み終わった後少し考えてしまいました。

終始ゾクゾクするような展開でしたが、読み終わった後はいろんなことを考えさせられ、余韻に浸れる素晴らしい作品でした。