お金を貯めよう

「シャドウハーツ」

まずオープニングは列車に乗っている少女から始まります。

少女は父親とともに列車に乗っているのですが、そこへスーツを着た紳士が現れ、次々に乗車している人物を殺害し、また少女の父親も殺害して少女を気絶させ連れ去ろうとします。そこへさらにガラの悪い主人公が現れ、少女を連れ去ろうとする紳士へ戦いを挑みます。しかし紳士の強さは桁違いのレベルであり、すぐに敗れてしまいます。その時少女のペンダントが光り、油断した紳士へ主人公からの一撃を喰らわせ、少女をかろうじて救い出します。そこから物語は進んでいきます。このガラの悪い主人公はモンスターと融合する能力を持っていますが、グレイヴヤードという心の中で父親の亡霊と戦っています。バトルシステムはジャッジメントリングというルーレット形式。ヒットエリアでボタンを押す事によって攻撃を繰り出せます。

時は第一次世界大戦時の物語。少女と主人公とのストーリーがすすむにつれてのお互いに惹かれ合う恋物語としても面白いですし、主人公と父親との関係性の謎が解明される時も感動的です。また舞台はヨーロッパと中国を旅しますので、世界観としては非常にリアルな世界観です。様々な仲間達との出会いもあり、そんな中冒頭で紹介した紳士があらゆる儀式を行い、神を降臨させる行いをしたり、死者を復活させる儀式を行ったりと、オカルトな部分は多々ありますが、今までロールプレイングゲームを数々プレイしてきた中では一番面白いゲームだと思います。オープニングの場面の描写は非常にグロテスクなものでしたので、ゲームスタート時は駄作ではないか?と思われがちですが、ストーリーはかなり上出来ですので、かなりハマります。